MINIGARAGE PARADOX ミニガレージ パラドックス
Facebook Twitter Instagram

PARADOX DIARY

ダイアリー

2021/11/09

F55 CooperS マフラー交換/エンブレム&ウィンドウモールブラックアウト

本日は、F55 MINI CooperSのマフラー交換とエンブレム(フロント/リア)&ウィンドウモールのブラックアウトを行います。
広島からお越しいただいたブラックのF55 ミニクーパーS。
各種メッキパーツをブラックに交換して引き締めていきます。

まずは、前後エンブレムとCooperSのレタリングをピアノブラックに交換していきます。

交換は難しくないのですが、根気のいる作業です。

テグス(釣り糸)を使って、両面テープを切るようにエンブレムを剥がしていきます。
DIYでも可能な作業ですが、手を切らないように、またMINIにキズを付けないように注意してくださいね。


メッキエンブレムを剥がしたら、両面テープの糊をキレイに除去していきます。
エンブレムを剥がして、糊をキレイにするところが本当に大変です…。


キレイになったら、新しいブラックエンブレムをペタッと貼り付けて終了。
前後のエンブレムは、位置穴が空いているので、位置がズレる心配はありませんが、CooperSのレタリングは位置がズレないようにしっかりマスキングして元の位置を記録しておきましょう。

お次は、ウィンドウモールをブラックアウトしていきます。
今回は、MINI純正のウェストラインフィニッシャー(ピアノブラック)を使います。
ウィンドウモールをメッキからブラックに交換するタイプですね。

キズが入らないようにしっかり梱包されています。
ウェストラインフィニッシャー(ピアノブラック)は、F55用とF56用がございますので、お気軽にお問い合わせください。
キズが入らないようにしっかりマスキングをして交換していきます。

交換後がコチラ。

ツヤツヤブラックで高級感あります!!
細かい部分ではありますが、このこだわりで全体の統一感が変わってきます。

さてメインのマフラー交換。
今回は、アーキュレーのマフラーを取り付けます。
こちらは純正マフラー。
触媒後が一本で構成されているので、慎重に外していきます。


装着するアーキュレーのマフラーがこちら。
フルステンレス製でピカピカのキラキラ。
溶接も丁寧に仕上げられています。


交換を終えると、下から覗いた印象も全く違います。
最後に洗車をして無事に完成。


ウィンドウモールを交換すると、かなり引き締まって見えますね。
こうなるとドアノブと給油口が気になるということで、後日ドアノブと給油口のブラックアウトもご依頼いただきました。
アーキュレーのマフラーサウンドは、低音がしっかり効いており、レムスとは違った良さがあります。
レムスほどの爆音は必要ないという方にはオススメです!

 この度はご用命いただきありがとうございました。
ミニのメッキパーツのブラックアウトもマフラー交換もパラドックスにお任せください。


MINI GARAGE PARADOX

ABOUT MINIGARAGE PARADOX

初心者からコアファンまで
MINIのある生活を提案いたします

BMW「MINI」を中心としたユーロコンパクトをコンセプトに個性的で満足いただけるスタイルアップのご提案いたします。 エアロやマフラーはもちろん、インテリアやメーターパネルなどの小物類に至るまで。そのどれもが専用設計の個性的で 美しいデザインのものばかりです。知識と経験豊富なスタッフが、あなたのカーライフをトータルでプロデュースします。 お近くにお越しの際は、ぜひお気軽にお立ち寄り下さい。

PARADOX PARADOX PARADOX

ACCESS