MINIGARAGE PARADOX ミニガレージ パラドックス
Facebook Twitter Instagram

PARADOX DIARY

ダイアリー

2021/06/24

MINI クラブマン スピーカー交換&ツイーター増設【FOCAL】

今回は新車のクラブマンのスピーカー交換です。

MINIのスピーカーは、サイズが小さく設置場所も低いため、オーディオの環境としては決して良くありません。

スピーカーの数も標準で6個と最近のクルマとしては、少し寂しい感じです。(ハーマンカードンを除く)

ということで、今回はドアスピーカーとシート下のウーファーの交換に加え、ツイーターを増設していきます。

インディアンサマーレッドのクラブマン。
オシャレで良い色ですね♫

こちらが施工前の車内。

ここから どう変化するのか楽しみです♪

お選びいただいたスピーカーは、フォーカル(FOCAL)SE100K

ドアスピーカーとツイーターのフロント2WAYにネットワークが付属するお得なセットです。

ウーファーは、同じくフォーカルのISUB BMW4となります。

ウーファーを交換するために、まずはフロントシートを取り外します。

MINIは、フロントシートしたにウーファーがあるので、しっかり低音を楽しむことができるのですが、交換は一苦労です。

とはいえ、そこはプロショップ。サクッと純正ウーファーを取り出しました。

純正とフォーカルを比較。

左:フォーカル/右:純正

裏面も比較してみましょう。

左:フォーカル/右:純正

MINIの純正ウーファーは、比較的優秀な方ではあるのですが、フォーカルと比較するとこの通り。
作り込みの違いがよくわかりますね♪

ウーファーのパワーをしっかり車内に伝えるために、ウーファーのケース裏に防振材を貼り付け。
防振材は工賃に含まれているので、追加費用は発生しません。

見えないところもしっかりこだわってます!

ウーファーをケースに組み付け。

車両に取り付けていきます。

ネットワークを接続して、ウーファーの交換が終了。

フォーカルのロゴがカッコイイです✨

続いてドアスピーカーを交換していきます。

ドアの内張を剥がすのは、何度やっても勇気のいる作業です…汗
こちらが純正ドアスピーカー。

ドアスピーカを固定するバッフルは、パラドックスオリジナルのアルミバッフルを使用します。

硬質なバッフルを使うとで、よりスピーカーの力を引き出すことができます。

アルミバッフルをドアに取り付け。

フォーカルのスピーカーを取り付けるとこんな感じ。
ドアの内張を戻して、ドアスピーカーの交換は終了です。

内張を戻しても、黄色いスピーカーがチラッと見えて良いですね♪

最後にツイーターを増設していきます。
ハーマンカードン仕様のAピラーを取り寄せ、その中にフォーカルのツイーターを取り付ける計画です。

もちろん そのままでは取り付けできないので、裏側を少し加工して装着。

表から見るとこんな感じ。
フォーカルのツイーターをキレイに取り付けることができました。
ツイーターは取り付ける角度によって音の聞こえ方が変わってくるので、ツイーターを取り付ける角度にもこだわっています。

配線を引いて、Aピラーを装着。

ハーマンカードン仕様のAピラーを使うと、後付け感が無くて良いですよね♫

この後は、しばらく音を鳴らしながらエージングをしてあげます。
実は付けたばかりの新品スピーカーって音が出にくくなっていて、しばらく音を鳴らしてあげることで、本来の音色を出せるようになります。

エージングまでしっかり行って完成!

今回はALCABO(アルカボ)のクラブマン用ドリンクホルダーもご購入いただきました。

装着するだけで簡単にドリンクホルダーを増設することができて、高さも出るので使い勝手も向上する優れものです。

フォーカルの音にも満足していただけました。

車内のオーディオ環境が良くなると、運転がさらに楽しくなることな違いなし!
MINIのオーディオに関することもパラドックスにお任せください。

MINI GARAGE PARADOX

ABOUT MINIGARAGE PARADOX

初心者からコアファンまで
MINIのある生活を提案いたします

BMW「MINI」を中心としたユーロコンパクトをコンセプトに個性的で満足いただけるスタイルアップのご提案いたします。 エアロやマフラーはもちろん、インテリアやメーターパネルなどの小物類に至るまで。そのどれもが専用設計の個性的で 美しいデザインのものばかりです。知識と経験豊富なスタッフが、あなたのカーライフをトータルでプロデュースします。 お近くにお越しの際は、ぜひお気軽にお立ち寄り下さい。

PARADOX PARADOX PARADOX

ACCESS